首イボは生まれつきではない!?

首イボ除去

首イボ

首イボの原因

投稿日:

首イボができる原因

中高年になると増える首イボは、30代を迎える頃からポツポツとでき始め、次第にあちらこちらと多発させていきます。痛みやかゆみがないのでなかなか気が付かない事もありますが、指でつまめるほどの大きなイボになってしまうと、人目にもつきやすくなり目立つようになります。
しかも、ワイシャツなどの袖やハイネック、ネックレスなどのアクセサリーでイボがこすれてしまいやすく、
不快感も大きなものに…。

イボいってもさまざまな種類がありますが、大きさによって3つに分けられています。
2~3ミリのイボで多発しやすいのがアクロコルドンスキンタッグ
単発でできることが多い、1センチ前後のものを軟性線維腫さらに大きなもの懸垂性線維腫と呼びます。
懸垂性線維腫となると、垂れ下がるほどの大きさにまでなってしまう事もあります。

イボができる原因は摩擦や強い紫外線といわれており、皮膚の老化による乾燥、体質によってできると言われています。大体30代過ぎてからイボの発症リスクが高くなるといわれていますが、アクロコルドンなどは20代の女性でも発症することはあります。
特に発症しやすいのが、更年期におけるホルモンバランスが大きく乱れている時期肥満気味の人です。

こうしたイボは、ほとんどが良性の腫瘍なので心配することはありませんが、なかにはウイルスによる感染リスクがあるイボや、皮膚がんなど要注意のものも。
急に大きくなったり、出血する、黒や茶色などの色がつく、直径7ミリ以上…といった特徴が一つでも見られたら、すぐに皮膚科を受診するようにします。

首イボを予防・改善するには、自宅でケアする方法と病院で治療を受ける方法とあります。
自宅でのケアでは、皮膚のバリア機能を強化するようにし、ストレスがかからない程度に刺激を避けるように気を付けます。特に紫外線を受けないようにするのは大事です。
また、免疫力を高めるためにも普段の自分の生活を見直し、規則正しい生活を心がけるようにするのも有効です。

-首イボ

Copyright© 首イボ除去 , 2017 AllRights Reserved.