海外投資 bank-investment-accounts
0

個人投資家が、海外ファンドやヘッジファンドを購入して海外投資を行う方法としては、①自分自身で購入する(直接購入)、②アドバイザーやフィナンシャルプランナーの助言を得て購入する、③証券会社、金融会社を通じて購入する、の3つが考えられます。自分で購入する場合、高い英語力が必要になってきます。ヘッジファンドは、実に色々な種類があり、中には非常にハイリスクなものもあります。こういったものはハイリターンが見込めるものもありますが、自分はどれくらいのリスクを負うことができるのかや、ヘッジファンドの投資先などを考え、自分に適ったリスクとリターンに合ったヘッジファンドを選ぶためには、経験やしっかりとした知識が必要になります。②の方法であれば、ヘッジファンドの選択から購入のサポート、投資後のフォローや運用レポートの翻訳、万が一のトラブルの際の対応などが期待できます。フィナンシャルプランナーへの手数料が発生しますが、よほど自信がなければ、安全な投資への保険として、利用するのもひとつの考えでしょう。

海外投資 Extended family sitting outdoors smiling
0

少額からでも全く問題ありません。毎月一定額をコツコツと積み立てる形で海外投資を 始めていただきたいのです。ドルコスト平均法という投資手法をご存知でしょうか。例えば、株式の値段が高い時には少なく、安い時にはたくさん購入でき、結 果として平均購入単価を下げることができるという素晴らしい投資手法です。また毎月少しずつでも、長く投資いただければ、複利効果も期待できます。時は金 なりといいますが、まさにその言葉とおり、一日も早く始めることが有利になります。このような「長期投資」「国際分散投資」「海外積立投資」という3つの戦略をまとめて実現できる便利なツールが、 ファ ンドです。投資したお金の運用は、プロがきちんと選定してくれます。バスガイド付きのバスツアーに参加するような気分で投資を始めることが可能です。投資 信託の選定については、独立系フィナンシャルプランナーが、世界の株式や債券に幅広く分散投資するものを中心に、お客様のニーズにぴったりなものを厳選し てご案内いたします。

海外投資 freedom-fund-banner
0

誰にでもある未来を、自分の理想のものとするために、「お金」は必ず必要です。教育資金、夢のマイホーム、楽しい老後、その全てにおいて、十分なお金がなければ辛い毎日を過ごすことになります。理想の未来のために重要となるのが「長期的な海外投資」、「国際分散投資」、および「海外積立投資」 という戦略です。「長期的な投資」とは、長い時間をじっくりとかけてお金に働いてもらう、ということです。お金がお金を生むという言葉を聞いたことがある と思いますが、まさにそういうことで、投資期間が長ければ長いほど、良い時と悪い時のブレは平準化されて、安定的な投資成果を享受できるようになり、投資 金額がリターンを生み、そのリターンを次の投資資金とし・・・というように増えていきます。一方「国際分散投資」とは、国や地域を限定しないで、世界中の国や地域に幅広く投資する、ということです。そうすれば、それぞれの国や地域ごとの良い時と悪い時の影響を極力避けて、世界全体の成長を享受できるからです。

海外投資 businessman Blolw away money on the rocks
0

海外投資の投資対象だけでなく、資金の投入時期及びタイミングも分散することで、より安全性・収益性を高めることが出来ます。時間的分散投資法という考え方です。低リスクで着実に投資を重ねていくというやり方は、積立貯金のような投資法なので、積立投資と言われています。そして、海外の積立投資商品を購入することを、海外積立投資と いいます。毎月の積立金額や、積立年数を選ぶことが可能なので、老後の資金を貯めたり、少し先に必要になるお金で、いつ頃必要なのかがわかっているような もの、例えば、子供の学費や住宅ローンの頭金など使うことを目的とした資金運用に利用しやすい投資方法です。地域や投資先の分散により低減させたリスク を、さらに回避することが出来る上に、ドルコスト平均法のメリットを享受して有利な取引ができるメリットがあります。定期預金するよりはるかにリターンが 大きい海外積立投資は、継続的にコツコツを積み立てて、安定的にリターンを獲得するものです

海外投資 shutterstock_183132644
0

資産をオフショア投資にしようと考えている人が増えているようですが、海外投資する際に気を付けておきたいことは何でしょうか。まず、すぐ使う予定のない余裕資産で投資すること。教育費など用に貯めておいた資産は、短期で必要になるので、海外投資には向きません。もしその資産で投資をしたいのであれば、国内で運用する方が良いでしょう。次に長期のスパンで投資した方が、コスト面で有利になるということです。また、人生設計として海外資産の使い方を検討する必要があります。

プライベートバンキング プライベートバンキング
0

・オフショアプライベートバンキング・ビジネスのサービスは各社によって多少異なるものの、総合的な金融サービス(銀行・信託・証券・不動産部門の連携など)や顧客の多くが企業オーナーであるため、顧客である企業オーナーの事業展開のためのファイナンスや事業継承対策なども重要な業務とされている。つまりプライベートバンキング・ビジネスは資産管理・資産運用・税務・法律相談はもちろんのこと事業継承・資産継承として事業や資産を次世代へ円滑に継承するための助言などをする。また事業や企業に関係なく顧客の人生をサポートするために様々なサービスも行っている。