首イボは生まれつきではない!?

首イボ除去

首イボ予防・改善の基本は保湿

首イボとは皮膚と脂肪からできるもので、服との摩擦といった刺激からイボを発生させてしまっています。また、紫外線によるダメージや、外部からのウイルス感染が原因になることもあるといわれています。

この首イボは、若い人よりも30代以降の年齢になると発生しやすく、適切な処理をしないと加齢とともにどんどん増えていってしまいます。特に更年期を迎えた女性は要注意で、ホルモンバランスが崩れることで首イボが突如として発生してしまった…なんてこともあるのです。

そんな首イボには、アクロコルドンやスキンタッグ、老人性イボ(脂漏性角化症)、尋常性疣贅、扁平疣贅など種類のさまざま。

首イボができてしまった場合、保湿が基本となります。
加齢によって皮膚は老化していき、含有水分量がダウンしていきます。
乾燥がひどくなると皮膚への摩擦も発生しやすくなりますので保湿をすることが一番の予防法となります。これは、イボが増えるのを防ぐだけでなく悪化も予防することになります。

保湿用のクリームや美容液には、紫外線をカットする作用があるものを選ぶと効率的です。
紫外線カット予防としては、カニやエビなどの甲殻類がもつアスタキサンチンが有効。

アスタキサンチンには、紫外線から肌を守るだけでなく、老化予防の抗酸化作用、ウイルスに負けない免疫力強化といった効果があり、紫外線による首イボの発生の抑える事が期待できます。
また、他にもヨクイニンや杏仁オイル、ドクダミエキスなども首イボの予防・改善に有効といわれています。

市販薬もしくは医療機関での治療

首イボの改善に、市販品を用いる方法もあります。市販品では患部に貼るタイプや塗るタイプとあり、サリチル酸という成分がよく使われています。しかし、市販薬では改善が実感できない場合は、皮膚科を受診したほうがいいかもしれません。

病院での治療では、イボの大きさによって対処が違ってきます。
ピンセットやハサミによる切除液体窒素で冷凍レーザー治療、そして切開手術です。

ピンセットやハサミによる切除はその日のうちにやってもらうことができ、医療費も安くすみます。
液体窒素で冷凍とは、瞬間冷凍して凍結させて組織を死滅させる方法で、治療後はかさぶたになり2週間程で自然ととれます。 レーザー治療とは、炭酸ガスを使用し一瞬でイボを焼き切ってしまう方法。イボの数によっては数回に分けておこないます。保険が適用されない場合もあるので、あらかじめ医師に確認しておくと会計時に慌てないですみます。

そして切開手術とは、局所麻酔をかけてイボの根元となる部分にメスを入れて、切開した部分は縫合します。個人差はありますが、大体半年ほどで傷や赤みは消えていきます。

Copyright© 首イボ除去 , 2017 AllRights Reserved.